「蝦蟇倉市事件1・2」読了

蝦蟇倉市事件1 (ミステリ・フロンティア)

蝦蟇倉市事件1 (ミステリ・フロンティア)



発売直後に買ったけど積みっぱなしだったのをようやく読みました。
1の方はそれぞれの短編が独立しているのに対して、2の方は登場人物とか舞台設定などが共通していたり1の話の設定を引き継いでいたりしてました。2の方は作家同士で打ち合わせをする時間的な余裕があったのかな。
桜坂洋の「毒入りローストビーフ事件」が今までに読んだことのない切り口で新鮮だった。逆に他の作品はがんばってどんでん返しを作ろうとしてありきたりなオチになっているものが多くがっかり。