「光媒の花」読了

光媒の花

光媒の花


これも実家に帰省中に読みました。シャドウ・向日葵の咲かない夏から道尾作品に入った私としては道尾秀介はミステリー作家というイメージなんですが、最近はちょっと路線が変わってきてる感じですね。そんなに直木賞が欲しいのか?
そんなわけで「球体の蛇」に続いて「光媒の花」も私が求めてる感じの本(ミステリー)ではありませんでした。長編かと思いきやそれぞれが少しずつリンクしてる短編集といった体裁、結局何が言いたかったのかよくわからない本でした。