「ふたりの距離の概算」読了

ふたりの距離の概算

ふたりの距離の概算


発売日に買ったまま積んであったのを実家に帰省した時に読みました。一応野性時代の連載でも読んでいたので実質二度目です。
連載中はそれぞれのエピソードから最後の解決になるあたりの展開が急だなと思ってましたが、こうやって一冊の本になって通して読むとそれほど急でもなかったです。やっぱり一ヶ月おきだったのが影響してたのかな。中身の方は相変わらず千反田がかわいいのは置いといて、タイトルの付け方が絶妙だったと思う。このタイトルと遠まわりする雛のラストから、奉太郎と千反田の距離が云々と想像してしまうのは必然、まーアッサリと期待は裏切られるわけですが。