「花と流れ星」読了

花と流れ星

花と流れ星


道尾秀介の短編集、と言っても真備シリーズの話なので背の目とか骸の爪を読んどいた方がわかりやすい。
話はどれも毒々しさがなくマイルドな感じに仕上がってました。よく言えばサクサク読める、悪く言えばボリューム不足な本でした。