Edge 705に地図を導入

microSDが届いたので前回に引き続きEdge 705を弄ります。
設定とか使い方なんかはEdge 705 - GARMIN(ガーミン) GPSの使い方Wikiに詳しい説明があるのでそっちを見た方がいいです。

海外版のEdge 705には日本の地図は入ってないので(一応入ってますが、すごくアバウト)国内で普通に使うためには日本地図を別途用意してやる必要があります。そこで必要となるのが

  • 地図データ
  • 地図データをいれるmicroSD
  • 地図データを変換・転送するツール

です。

まず地図データは、無料のものもあるのですがケチるところではないと思ったのでUUD製作所 GARMIN(ガーミン) GPS用 日本詳細1:25000 道路ナビ(オートルート検索機能) v2のダウンロード版を購入。CD版もあったけど流石に2000円の価格差があるのと、すぐに使いたいってことでダウンロード版にしました。ちなみにmicroSD版を買えば全ての手間をすっとばしてすぐにEdge 705で地図を使えるようになるんですが、間違ってデータを消したりした場合は再度購入しないといけないみたいなので却下しました。

続いてこの地図データをEdge 705が扱えるように変換してやらないといけないのですが、上記Edge 705 WikiやUUD製作所ではGarmin謹製のMapSource(有料:4000〜6000円くらい)を使えと言っています。が、ちょっと調べたところ、フリーソフトのSendMap20というものを使えばちょっと手間はかかるけど無料でできることがわかりました。詳しい使い方は UUD製作所 - サポート情報 の中の”ガーミン MapSource を使わずに、GPSに地図を転送する方法”に書いてあります。ここを見ながら変換してmicroSDに地図データを転送すれば完了です。
実際作業したけどそんなに面倒ではなかったです。まー、会社としてはこの辺のソフトを買ってもらいたいんだろうなー。

いざ地図を表示!
f:id:kamikamibell:20091001230108j:image
なんとズームインしていくとサイクリングロードまで表示されるじゃありませんか(※705じゃなくて地図がすごい)。これはお金を払った価値があるってもんだ。

あとは遠出するときにナビとして使うために本体にルート情報(GPX)を転送してやればいいわけですね。それにはカシミール3DとかALPSLAB route を使えばいいんですが、MapSourceを使えばUUD製作所の地図をそのまま使ってルート・ウェイポイント作成ができるらしい。だとすれば4000円だしてもいいかもな、と思ったけどとりあえず無料でがんばってみよう。