「鬼の跫音」読了

鬼の跫音

鬼の跫音


道尾秀介の新刊は短編集でした。6作品掲載されてますが、どれもゾクゾクっとくる話でした。
一本目の「鈴虫」はもう見事にやられた。思わず読み返してしまった。たった一文だけでちゃんと説明してあるじゃないか!相変わらずこの手のミスリードを誘う書き方が上手い。

そして特設サイト(?)で初めて顔を見た。なんか思ってたより男前でビックリ。なんかもっとドロドロした顔を想像してたんだけどなー。