「儚い羊たちの祝宴」読了

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴


米澤穂信の新刊、短編集です。まず装丁が格好いい。思わずロフトに行ってブックカバーを買っちゃいました。
一本目の「身内に不幸がありまして」が一番好みでした。最後のオチで背筋がゾクゾクっときました。他の作品もなかなか良作揃いだったんですが、コンセプト上全ての話が名家・資産家を舞台にした話になっていて、流石に五話も続くと飽き気味になってしまいます。
書き下ろしの作品では続編を匂わせるような終わらせ方をしてあり、今後も楽しみです。