「カラスの親指」読了

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb


道尾秀介の新刊。詐欺師のお話。
登場人物の設定は全体的に暗い。にも関わらず、話の雰囲気は全体的に明るい。というか明るく振る舞ってるだけか。なので悲壮感とかはない。そして、やはり道尾作品ということで読み終わったら「やられた!」と叫ばざるを得ない。再度読み直すとあちこちにキッチリ伏線が張られてます。よく注意して読む人なら気付くのかなー。
あとは、作中に別の作品(片眼の猿)の登場人物がちらっと出てきます。ファンサービスもするようになったんですね。知らなくても全然問題ないさりげない演出です。