「インシテミル」読了

インシテミル

インシテミル


2008年本格ミステリ大賞の候補作です。久しぶりに睡眠時間を削って本を読みました。グイグイ本の世界へ引き込まれていきます。

地下の閉鎖空間に12人が閉じ込められる話。まー詳しくはAmazonレビューを見てください。

ミステリーが好きな人なら思わすニヤリとする設定がちりばめてあります。私がニヤリとできたのはネイティブインディアンの人形のとこぐらいですけど。あとは犬神家かな。

以下若干のネタバレ含むので本を読む予定の方は注意。


中盤でオチが読めたと思ったんですが、実は別の人でした。残念。トリックとしては大体の予想通りだっただけになお残念。

それと私は後書きとか解説を先に読むんですが、新刊だとそういうのがなくてうっかり最初に最後のページを見てしまいました。そこに主人公の獲得賞金が書いてあって、あーこういうオチなのか、想像してましたが、想像通りではなかったのでびっくり。私みたいに後書きを先に読む人への配慮かな。いや、考えすぎだ。