ROVAL CLX 50で実走

ROVAL CLX 50の実力をみるために手持ちのReynolds Forty Sixと乗り比べ

nippori.hatenablog.com

GOKISOホイール試乗の時と同じような感じでデータをとってきました。

Reynolds Forty Six(2011モデル)クイックリリース・カセットスプロケット(アルテ6800 11-25T)込みでフロント810g、リア1230g

ROVAL CLX50(2017モデル)クイックリリース・カセットスプロケット(デュラ9000 11-25T)込みでフロント1050g、リア1400g

差は410gでした。

実走は片道5kmのコースをROVAL 目標180W→ROVAL 目標170W→Reynolds目標170W→Reynolds目標180Wの順で往路はエアロポジション、復路はブレーキのところを持って流して走りました。天気は晴、北東の風4m、常に横風を受けている感じでした。本当は最後にもう一回ROVAL180Wで走ってみたかったけれど時間と体力的に無理でした。2年前は190Wであれだけ走れてたのかと思うと衰えを感じます。

ROVAL 180W → Cyclo-Sphere : Detail Analysis -

ROVAL 170W Cyclo-Sphere : Detail Analysis -

Reynolds 170W Cyclo-Sphere : Detail Analysis -

Reynolds 180W Cyclo-Sphere : Detail Analysis -

 

往路(やや登り)

ホイール 平均パワー NP 平均スピード タイム
ROVAL 177W 179W 29.6km/hr 10:10
ROVAL 167W 170W 28.7km/hr 10:27
Reynolds 165W 168W 29.0km/hr 10:22
Reynolds 174W 177W 29.6km/hr 10:08

復路(やや下り)

ホイール 平均パワー NP 平均スピード タイム
ROVAL 110W 122W 34.2km/hr 8:49
ROVAL 117W 127W 34.3km/hr 8:47
Reynolds 110W 120W 34.5km/hr 8:45
Reynolds 111W 119W 34.5km/hr 8:44

 

結果はReynolds Forty Sixの方がやや優秀な感じでした。4本目終わりにはボトルがほぼ空になっていたので1本目と4本目では重量が500gくらい軽くなっていたわけですが下り基調の復路でもReynoldsの方が速かったのでやはりホイール自体の性能差だと思います。メーカー的言い回しをするなら時速30kmにおいて2W削減といったところでしょうか。あとは数字に出ないところで言うとROVALは乗り心地と横風に対する安定性はReynoldsよりも良かったと思います。

ロングディスタンスのトライアスロンでレース中にパンクした時のことを考えればやっぱりクリンチャーが欲しいなと思ってROVALのホイールを購入したわけですが、ホイールの性能は贔屓目に見ればチューブラーの軽量ホイールと遜色なしということで実際はROVALを使うでしょう。ただ、Reynoldsは手放すつもりだったのですが選択肢のひとつとして手元に残しておくのもありかと思い始めました。あとGOKISOホイールの凄さが改めてわかりました、まーでもあれは税込みで40万円以上するしな……

使用自転車

f:id:kamikamibell:20170430155748j:plain

フレーム:NeilPryde Bayamo Sサイズ(2014モデル)
フォーク:BAYAMO - C6.7 TORAY UD
シートポスト:NEILPRYDE AEROBLADE CF
BB   :スギノ PF30-IDS24
クランク:FC-R9100(52-36 165mm) with Pioneer SGY-PM910V
カセット:CS-9000(11-25)
ブレーキレバー:ST-9071
ブレーキ:BR-9000
シフター:SW-R671
フロントディレイラー:FD-R9150
リアディレイラー:RD-R9150
チェーン:CNHG900 
ハンドル:3T AURA PRO(40cm)
ステム :3T ARX Pro(90mm)
サドル :Fizik ARIONE CX kium
ペダル :PD-R9100
ホイール:Roval CLX50 クリンチャー
タイヤ :Specialized S-Works Turbo 24C

ROVAL CLX 50を購入

2年前にRoval Rapide CLX60を買おうと思ったら既に売り切れていて悔しい思いをしました。去年はCLX64が発売されたもののリム高と値段が高かったので見送り。そして今年CLX50が発売されたことを知り迷わず購入を決めました。実際に購入を決めたのは2月頃でしたが国内公式には在庫がなく海外通販の方では在庫がないものの5月頃には入荷するとのことだったのでメールでいくつかやりとりした後に購入。予定より早く入荷して先日届きました。ホイール自体が約21万円、送料で約3万円、通関手数料と税金で約1万円くらいでした。

f:id:kamikamibell:20170417221947j:plain

フロント621g

f:id:kamikamibell:20170417222035j:plain

リア786g

公称フロント607g、リア768gだからちょっと重い程度で十分許容範囲内だなと思ってましたけど、実物はリムテープ込みだったことに後から気付きました。リムテープ込みで前後セットで1407g素晴らしい。

f:id:kamikamibell:20170417222333j:plain

チューブはバルブ長80mmのやつ。60mmでもよかったかなー。

f:id:kamikamibell:20170417222428j:plain

タイヤはS-Works Turboの24C

 

f:id:kamikamibell:20170417222525j:plain

f:id:kamikamibell:20170417222553j:plain

タイヤ、チューブ、クイックリリース、スプロケット(CS-9000 11-25T)まで装着した状態でフロント1050g、リア1400gになりました。

f:id:kamikamibell:20170417222735j:plain

チェーンステイとのクリアランスはギリギリ。とりあえず固定ローラーで乗った限りでは大丈夫でした。

週末にでも実走してみてReynolds 46と比較してみようかと思います。

FD-R9150、RD-R9150を購入。そしてシンクロシフトへ……

f:id:kamikamibell:20170211214848j:plain

f:id:kamikamibell:20170211214909j:plain

f:id:kamikamibell:20170211214942j:plain

予約していたFD-R9150とRD-R9150、あとついでにPD-R9100が届いたのでさっそく取り付けました。

FD-9070 107g → FD-R9150 103g

RD-9070 215g → RD-R9150 196g

PD-6800C 259g → PD-R9100 234g

と少しずつ軽量化。リアディレイラーが意外と軽くなってた。

f:id:kamikamibell:20170211215351j:plain

フロントディレイラーはこんな感じでコネクターを刺す補助パーツ的なものがあって抜き差しはしやすくなっているんだけど、9070の時に裏側にあったケーブルを固定しておく爪がなくなってて結局取り回しが大変でした。あとフロント56-32Tだとインナートップにはできないそうです。

 

ディレイラー取り付けて調整していざシンクロシフトの設定をしようと思ったら……

f:id:kamikamibell:20170211220418j:plain

おいおい聞いてないよ!バッテリーマウントも交換しないといけないのか。だったらワイヤレスユニットもつけるか。というか内装バッテリーにしようかな。

DURA-ACE クランクFC-R9100を購入

クランク(とペダル)だけアルテグラのままなのはなんか嫌だけどパワーメーターも買い換えるとなると腰が重いなーと思ってましたが、昨年末にパイオニアさんが今ならサイコンも無料でつけるよってキャンペーンをやってたので思い切って買い換えました。ただシマノ大本営発表では「9100クランク使うならディレイラーも9100に変えてね」ってことなのでクランクのみの交換は少し心配ではありました。

f:id:kamikamibell:20170129134055j:plain

FC-R9100 165mm 52-36T+SGY-PM910V

 

f:id:kamikamibell:20170129134254j:plain

FC-6800 170mm 52-36T+SGY-PM910H

 

クランク長が短くなったのもあって約70gの軽量化。100g10万円とはよく言ったものだ。

作業自体は歯数が同じだったこともあってマグネット位置やディレイラー調整なしでパーツ交換しただけでとりあえずは終了。問題のFC-R9100とFD-9070との組み合わせですが今のところ普通に変速できてます。ギアの組み合わせによっては少しチェーンがこすってるような気がしてますがあとでディレイラー調整したら解消しそう。

ヒルギ(マングローブ)栽培

実は2年前からヒルギ(マングローブ)を育てています。

近所のマングローブ林で11月頃になると種子ができてるのでジョギングついでに落ちてるのを拾ってきました。1年目は4本くらい発芽したものの1年経たずにすべて枯れてしまいました。2年目は5本中1本枯れて4本は今のところ元気です。

f:id:kamikamibell:20170103215434j:plain

↑水耕栽培

 

f:id:kamikamibell:20170103215440j:plain

↑普通の鉢

 

f:id:kamikamibell:20170103215437j:plain

↑睡蓮鉢

 

大きさが違うのはたぶんそれぞれ種類が違うからだと思います。たぶんオヒルギ、ヤエヤマヒルギ、ヒルギモドキあたりかな。メヒルギではないはず。2年分の栽培経験をまとめておくと

  • 乾燥を避ければ水耕でも鉢植えでもOK
  • 日当たりは大切(完全室内栽培は今のところ全滅)
  • 肥料は要らない(液肥を水耕用以上に薄めて与えても枯れた)

2016 レースリザルト

11月6日 エコアイランド宮古島マラソン 4:26:38

f:id:kamikamibell:20161231203553j:plain